イエイ 査定

媒介契約を締結するにあたって、専任媒介契約にしたらいいのか、それとも一般媒介契約にしたらいいのかで悩んでいる方にちょっとアドバイスをしておきたいと思います。

 

結論としては、不動産の売買は素人の個人の方の場合ですと専任媒介の方が良いのではないでしょうか。その理由としては、おそらく一般媒介にしたいと考える方の理由は、1社だけに依頼する専任媒介契約よりもたくさんの不動産会社に依頼できる一般媒介契約の方が、売却している情報を広める上で有利だと考え、つまりは高値で売れるのでは?と考えることにあると思います。
ところが、ある意味不動産業界の裏事情として、レインズと呼ばれる首都圏の不動産会社がほとんどと言っていいほど加盟しているコンピューターネットワークがあるので、そのネットワークを介して他のほとんどの不動産会社に売却の情報が提供されるしくみになっています。ですので、媒介契約を締結する不動産会社を多くするということはあまり意味がないことになります。

 

その上、逆に言うと、不動産会社の心情としては、一般媒介で依頼を受けた場合よりも専任媒介で依頼を受けた場合の方が、親身になって売却活動に専念してくれるケースが多く、不動産会社の売却活動にかける広告費等においてもより多くの広告予算を注入して売却活動を行えるとったことがあげられます。ところが一般媒介契約の場合は、いくら自社で広告費をかけて売却活動をおこなっても、最終的に他の不動産屋で成約してしまった場合、全ての広告費が無駄になってしまうわけですから、そんなことになるくらいならはじめからあまり広告費をかけない(かけられない)といったこともあり、売却活動に対しての力の入れ方が弱まる傾向は否めないと考えられます。

 

冒頭で、不動産の売買は素人の個人の方の場合は専任媒介が良いといったのは、一般媒介にして複数の不動産との窓口を設けた場合、もろもろの手続きなどもその窓口の不動産屋の数だけ行わなければならず非常に手続き等が面倒であるためです。そのうえ、それぞれの不動産会社において情報の混乱が生じたりした場合、その調整には多大な労力を費やすことにもなりかねません。
例えば、依頼している不動産屋の中で具体的な購入希望の話が出てきた際に、他の不動産会社から、もっと高く売れるから待ったほうがいいとかとか、その価格で売却しては損だなどの話をされて、ある意味妨害行為として正しい状況判断ができないような状況にされてしまい、せっかくの売却の機会を逃してしまうといったケースもよく聞く話です。

 

このような裏事情はあまり表には出てこない話ですが、不動産屋ならみんな知っているある意味周知の事実だったりします。

 

こういったことも知識として知った上で、専任媒介契約にするのか一般媒介契約にするのかを判断されるのがよろしいかと思います。