イエイ 査定

家を売却に出すことに決めたら、不動産会社と媒介契約を結ぶことになります。逆に言うと不動産会社としては媒介契約を結ばないと販売活動が開始できないということになります。ところでこの媒介契約には種類があることを知っていますか?しかもその種類は3種類あるんです。媒介契約を結ぶ前にこの媒介契約の種類とその違いをきちんと説明してくれる不動産屋は信頼できると思ってもとりあえずはいいと思います。中にはろくに説明もしないで署名と印鑑をもとめてくるような不動産屋もいますので注意してください。ちなみにこの場合、種類は専任媒介か専属専任媒介だと思います。不動産屋としては販売を独占して仲介手数料の取りこぼしをなくしたいと考えますからね。専任もしくは専属専任媒介の場合、万が一買い手は他の不動産屋が見つけてきたとしても売主側からの仲介手数料は確保されるわけです。更にはうまく行けば買い手も直接見つけてくれば売主と買主の両方から仲介手数料がもらえるという、いわゆる両手契約が狙えるからです。こうしてみると専任媒介(専属専任媒介)は不動産屋だけがメリットがあるように見えますが、実は売主においても不動産会社が積極的に広告費などをかけて販売活動をおこなってくれるので、早期売却が実現しやすといったメリットがあります。ただ、この点も不動産屋次第なところがあって、両手成約を狙うあまり他の不動産屋に情報を開示しないといった悪徳な不動産屋もあるようですから、きちんと他の不動産屋にも情報が流されているか念のため確認しておいた方がいいですね。せっかく他の不動産屋に登録されている買い顧客の中に条件のぴったりな方がいても、その方に情報が開示されなければせっかくの売却の機会を逃してしまうといったことにもなりかねませんからね。(大手の不動産屋の中でもこうした情報をかこう行為をするケースもあると聞きますから、大手だからと安心はできません。)この点からすると平行して複数の不動産会社に売却を依頼できる一般媒介の方がいいような気がしてきます。確かにそういった側面もあるので、しっかり不動産屋の管理を売主であるあなたが主体となってできるのであれば断然一般媒介のほうがいいと思います。しかし、一般媒介の場合は不動産屋に売却活動の報告や指定機構への登録などの義務がないので、よほどすぐに売れちゃいそうな物件でなければ何もしないで放置されてしまうといったケースもあります。あなたの不動産がどのような状況にあるのかも見極めたうえで、専任媒介(専属専任媒介)にするのか、それとも一般媒介にするのかを決めたほうがいいようです。